それでも生きていく為に・・・

音楽、料理、小説、時々、創価学会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仏壇と入信記念日

 ふと思い出したが、一昨日は入信記念日である。11月17日・・・翌日の11月18日が創立記念日なのでどうしても18日と勘違いしてしまう。確か平成8年の11月17日は日曜で入会記念勤行会があったからである。

 一昨日で丁度入信12年になった。早いものである。

 実は2年前(入信10年目の時)にちょっとした体験があった。部長になって一年経った頃で、部は折伏の結果もまだ出ていなかった時だった。折伏戦バリバリだったから結構詰められ、色んな幹部が僕の部の担当に入っていた。
10月の人材グループの面接の際に幹部から部の状況を聞かれ、「いや、まだ結果が出てません」と答えると、「生まれ変わった気持ちでやらないとヤバイよ」と言われた。何故か腹立って“コノヤロー、やってやるよ”と火がつき、毎日一時間題目を欠かさず始め、バリバリ対話に行き、部員周りも毎日の様に狂った様にやった。題目を上げて動くと全てが良い方向に回転し始め、ある日などは、めったに会えない部員さんを5名程周り、不在だったが、終わって拠点の前で幹部と1時間程立ち話をしている間にその場所を偶然にもその5名全員が順番に通り、じっくり対話出来た、ということもあった。

また、(当時の)副部長のA君が急に発心し、明日一人で対話に行ってきます! と言ったので、翌日の会館で、A君が対話している時間帯に皆で題目を上げていたが、僕は途中で鈴を鳴らして勝手に終了させた。
僕は後ろの皆に言った。「決まりましたよ、A君」
「えっ? 何? (メールで)連絡入ったの?」
「いえ、何も。でも・・・もう決まりましたので大丈夫です」
皆、訳の分からない顔をしていたが、僕にははっきりと折伏が決まったことは分かっていた。案の定しばらくしてA君から連絡が入り「決まりました!」と嬉しい報告をしてくれた。実は、相手の方が「やるよ」と首を縦に振ったのが丁度僕が鈴を鳴らした時間だった。折伏戦の最後の締め日にご本尊送りをした。

そんな一ヶ月の闘いを経た本部幹部会の衛星中継では、アメリカSGIの芸術部のメンバーが来日し、先生の為に日本語で合唱を行った。それを見てボロボロと号泣してしまった。


 翌月の(つまり今から二年前の)11月18日に特装ご本尊をいただける、という話になった。特装ご本尊とは、布地で普通のご本尊よりも大きい。
実は家の仏壇は死んだ母親が残したもので、平成8年の11月17日に入会するまでの20年間、日達時代のご本尊を御安置していた。入会時に日寛上人のご本尊に取り替えたのだが、日寛上人のご本尊は大きく、中扉が閉まらなかった。よって新しく頂く予定の特装ご本尊は更に大きいので、完璧に仏壇を買い替えなくてはならない。しかし、母親の形見のその仏壇を捨てるのは寂しく、どうしようか悩んでいた。“まあ、ご本尊の功力は一緒だから、特装ご本尊を頂くの辞退しようかな”と思っていた。また、どうせ仏壇を買い替えるならちゃんと高い物にしようと考えていたが、その時はあまり金銭的余裕もなかった。

二日前の11月16日に拠点で地区婦人部長とそんな内容の立ち話をしていた。
「・・・という訳で・・・明後日、特装ご本尊を頂くの辞めようと思っているんです」と。
少し離れた所で誰かと話していた隣の地区部長がその会話を聞いていたのか、僕の所にスタスタやって来てこう言った。
「今日の昼間に○○町のリサイクルショップにふらりと行ったら、学会の仏壇あったよ」
「えっ? マジっすか?」
「明日、、もう一度見てきてあげるよ」
でも、僕はそれほど本気にはしていなかったし、所詮は立ち話で軽いノリの会話と思っていた。特装ご本尊は半ば諦めていた。

翌日の11月17日、つまり丁度入信10年目である。会社から帰るとその地区部長から電話があった。
「○○君(僕)、今、もう自宅にいる?」
「はい」
「あのさぁ、昨日言ってた仏壇だけど・・・今日もう一度行ってきたらまだ店にあったから・・・車で行って買ってきちゃったよ」
「えっ? ホントですか?」と正直引いてしまった。
「そう、もう買って車に積んで○○君(僕)の家の前にいるよ」
「ええええええええっ!!!」
感謝である。本当にありがたかった。仏壇を見てみると、とても大きくて立派で全自動である。
「幾らでした? 金額」
「えーっと・・・4900円ね」
よんせんきゅうひゃくえん!!!」と僕は驚いてしまった。
全く傷のない新品同然で、普通に買ったら30万円はする代物である。それで前日に急遽、特装ご本尊を頂けることになった

入信丁度10年の11月17日に古いご本尊を取り外し、翌日の18日の創立記念日に新しい特装ご本尊を新しい仏壇に御安置した、というのは何か意味があるのだろう。感慨深かった。

題目を上げ、行動し、勇気を持って語り、先生と呼吸を合わせると本当に思ってもみない功徳があるのだと感じた。

という訳で、思い出したので今日は書いてみました。
スポンサーサイト

Top

HOME

かいつぶり

Author:かいつぶり
職業 マスコミ

趣味 読書、楽器、小説を書く、料理、音楽

好きな食べ物・・・スイーツと酸味の少ないコーヒー、美味しいフランス料理と美味しいワイン。それさえあれば至福の時

好きな音楽 70年代のソウルミュージック。80年代前半の西海岸サウンド。あとジャズや、山下達郎周辺

好きな作家 ドストエフスキー、カポーティ、アーヴィング、ヴォネガット 

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。