それでも生きていく為に・・・

音楽、料理、小説、時々、創価学会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

題目は叶う! (体験談①)

今回はある婦人部の方の体験談を掲載します。
題目は叶う、という絶対の法理とそのあり方を如実にあらわしている体験談である。本人には掲載につき承諾をとり、本人の下の名前以外の登場人物は全て仮名とさせて頂いた。若干長いので三分割にした。順番に最後まで読んで頂ければ幸いである。

        *  *  *  *  *  *

 初めまして。今日この場を借りて活動・体験発表させて頂く婦人部の山城勝子と申します。元気一杯頑張っていきますので、どうぞよろしくお願いします。

1945年の8月15日の日本が戦争に負けたその日に長野県の松本で生まれました。そんな日に生まれた私を親は『勝子』と名づけました。
物心ついた時には家族全員信心をしておりました。兄弟は3姉妹で一番末っ子で、女学生時代には松本市内を折伏に走っておりました。よく皆が影で「勝子ちゃんは将来婦人部長になる人だよ」と言っていたそうです。それ位、女子部時代には闘っておりました。

高校を卒業して東京に出てきて看護婦になり、しばらくして敏正さんという男性と出会い、結婚しましたが、彼は信心大反対でした。私の家族が説得しても駄目。でも愛していましたし、いつか分かってくれるだろう、とご本尊を御安置せずに新婚生活がスタートしました。彼は貴金属加工の仕事で独立し、順調で、一軒屋を購入。二人の男の子、長男・隆志、次男・敏弘にも恵まれ、経済的にも問題なく幸せな生活を送っておりました。幸せ一杯、順風満帆だったので信心に対する意欲も自然と消えてしまいました。


 結婚して8年が経ち、次男の敏弘が3歳の時に目の病気になり、入院し、手術をし、退院し、通院をしばらくしていたある日の事です。担当の医師の方が診察室で「敏弘君、もう完治しましたよ。もう病院に来ないでいいですよ」と言った言葉を聞いた途端に私の意識が遠のき、その場で倒れてしまいました。気付くとその病院のベッドでした。
夫は「ちょっとした疲れだから・・・大丈夫だよ」と言ってくれ、私も敏弘の事で気を張っていたのでそれが緩んだので倒れたのかな? って思っておりました。実家の親兄弟が見舞いに来てくれましたが皆どうしてか深刻な顔をしております。そして「ちょっと内蔵の病気みたいだから」と手術をし、すぐに退院出来ると思ってもいつまで経っても退院出来ません。

度々、強烈な腹痛に襲われ死にそうでした。しばらくすると髪の毛が抜け始め、かつらをつけることになりました。私は自分の病気がとんでもなく重い病気であることを段々と自覚し、このまま死ぬのではないか、と怖くなりました。癌ではないかと。しかし誰もちゃんと教えてはくれませんでした。
死を意識すると同時に、夫と、3歳と7歳の息子を置いては死にたくありません。今まで信心から離れていた自分を反省し、個室のベッドの上から題目を一日何時間もあげました。


ある日、夫に必死で言いました。「どうか信心させて欲しい。どうかあなたもやって欲しい」と。必死で訴える私に夫はついに肯いてくれ、昭和52年の1月に夫と息子二人が入会しました。
実は、私の家の隣が偶然学会の拠点で、婦人部の樋口さんという人が住んでおりました。信心出来ない私を心配して私の親が「隣に住んでいる勝子は私の娘だけれども、くれぐれもよろしくお願いします」と繋げてくれ、私も夫に内緒でその方と色んな話をしました。仮退院した時などは、信心に対する想いと後悔、家族の事、私の想いなどをその方だけに色々と打ち明けたりもし、彼女は激励してくれ、影ながら題目を唱えてくれておりました。


 家族が入会して3ヶ月が経った1977年の4月25日です。数日前に私に「どうか、お山(大石時寺登山)に登って欲しいの」と説得された夫と息子達は地元の学会員の方と一緒に大石寺に向かいました。
病院のベッドから見送り、二人の息子達が「バイバイ」と可愛く手を振って笑顔で病室を出て行った後に私はなんかとても嬉しく、安心し、ホッとしました。何故か朝から体調もよく、春の柔らかな日差しがポカポカと病室内を満たしておりました。次第にゆっくりと意識が遠のき・・・体の力が抜け、次第に・・・吸い込まれる様に・・・そう、私は今世の生を終えました。32歳でした。半年前に病院で倒れた時にはもう既に末期癌で余命半年と医師から夫に宣告があった様です。敏弘の目の病気が完治するまで、私の体は待っていてくれたのだと思います。

②へ続く。
スポンサーサイト

Top

HOME

かいつぶり

Author:かいつぶり
職業 マスコミ

趣味 読書、楽器、小説を書く、料理、音楽

好きな食べ物・・・スイーツと酸味の少ないコーヒー、美味しいフランス料理と美味しいワイン。それさえあれば至福の時

好きな音楽 70年代のソウルミュージック。80年代前半の西海岸サウンド。あとジャズや、山下達郎周辺

好きな作家 ドストエフスキー、カポーティ、アーヴィング、ヴォネガット 

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。