それでも生きていく為に・・・

音楽、料理、小説、時々、創価学会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目標を掲げることの意味


 今の時期は、地区でも男子部でも女子部でも今年の目標を細かく決めていると思う。皆で自由に意見を言い合い、討議し、納得のいく気持ちよく戦える目標なら良いが、闘いが込み入ってきたり、本格化すると、組織側から“いついつまで、これだけやりましょう”という目標がおりてくる。
特に○戦になったりすると大変で、その目標に対して実際どうだったのか、しょっちゅう細かい報告があり、幹部になると愚痴と文句の一つでも出てしまうかもしれない。

3・16まで、5・3まで、11・18まで・・・・・・一年間も細分化され、各日付までの目標を掲げるときもある。
学会組織が何故、様々な闘いにおいて常に細かい期間で、細かい内容で、細かい目標を掲げるのか、疑問に思っている活動家も多いのではないだろうか。その根拠になっている一つに仏教の『化城宝処の譬え』がある。

『宝処を志して遠路を旅しながら、途中で疲れ果てて旅を断念しようとする人々に対し、導師が神通力で一つの城をつくり、これが目的地であるといって人々を励まします。そして、城で休息し、そこが目的地であると思っている人々に対し、導師はこの城は目的地ではなく、一時の休息のための化城であり、真実の目的地である宝処は近いと励まして、ついに長途の旅を成功させます。』(以上引用)

長く険しく果てしない旅。目的地がなかなか見えない中で人々から「まだ到着しないんですか?」とか「疲れましたぁ~」とか「お腹すきましたぁ~」とか言う声があがる。そこで導師は少し先に幻の城を出現させ「あそこが目的地だ。着いたら休憩しよう。温泉もあるし、美味しい食事もあるぞ!」と。それを聞いて人々は喜び、元気なり頑張って歩く。城で鋭気を養うと幻の城は消え再び旅が始まる。これを繰り返すのだ。

活動で「今年中に一人ご本尊流布しましょう」という目標をたてても、誰もすぐに対話に動かないだろう。だから「今月は5人の友人と遊びましょう」とか、「3・16までに会合に最低一人誘いましょう」とか、そういう目標を掲げる。ダイエットだって、夏まで10kg痩せようと目標をたてても成功しないだろう。10Kg痩せる為にまず今月中にマイナス2Kgを目指して間食を無くすとか。そういう目標設定をしないと成功しない。

信心においては、凡夫の我らが信心を絶えず続けていくためには、遠い先の目標ではなく、近い期日に目標を掲げそれを実行していく積み重ねが必要なのだ。会合で「皆さん、お互い一生のうちに宿命転換できればいいですね。それを目指してまあなんとか頑張りましょう」と言い合ったところで誰がそこで決意、行動できるのだろうか。「今日より決意新たに○○までに残り僅かですが、○○を達成していきましょう」とやるから心と身体が広布へ向かうのだ。


 創立80周年を迎えた後、学会は2030年(20年後)を目指して動き始めた。しかしそれを先生に報告すると、先生は「20年後ではあまりに遠すぎる。ダメだ」と却下され、総本部完成(2013・11・18)を目指した闘いに急遽変更された。

闘いや期日や目標やある種のノルマに追われて疲れている学会員は多いかと思うが、この難しい信心を続けていく為に、そして先生が我々に功徳を積んでこの信心で幸せになってもらいたい為に、それらは全て理にかなったこととして、根拠があり理由のあるものなのである。


(化城宝処の譬えでは、化城は、真実の教え(一仏乗)に至るまでの仮りの教えとか、方便とか、現世利益とかいう意味合いもあります。様々な活動や一つ一つの闘いは、この信心で功徳を積んだり、幸せになるための方便でもあります。病気が治った、就職できた、経済革命した、とかいった現世利益も、体験を積んで信心を続ける力を得たり、一生成仏という、あるいは絶対的幸福境涯の確立の為という観点では所詮は化城なのかもしれません。)
スポンサーサイト

« 本当は何の為に?|Top|役職は恐いんです。 »

コメント

私の目標も、目の前にあるように見えますが、本当はずっと先にあるのかもしれません!年末から3時間唱題を続けてますが、気を緩めずに、闘っていきます!
弱い自分に負けないで(笑)
夫婦で仲良く、今以上に幸せになり、周りの人たちに信心の素晴らしさを示していきます!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sgidanshi.blog103.fc2.com/tb.php/210-09fbf954

Top

HOME

かいつぶり

Author:かいつぶり
職業 マスコミ

趣味 読書、楽器、小説を書く、料理、音楽

好きな食べ物・・・スイーツと酸味の少ないコーヒー、美味しいフランス料理と美味しいワイン。それさえあれば至福の時

好きな音楽 70年代のソウルミュージック。80年代前半の西海岸サウンド。あとジャズや、山下達郎周辺

好きな作家 ドストエフスキー、カポーティ、アーヴィング、ヴォネガット 

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。