それでも生きていく為に・・・

音楽、料理、小説、時々、創価学会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お題目で禁煙成功?


 半年近く前の話である、
 ここ数年、毎年、春先の一ヶ月間位だけ、毎日の様に朝起きてから午前10時頃までヒューヒューゼーゼーと軽い喘息の発作が出る。もともと気管支は弱いが、調べてみると、季節の変わり目や気圧の変化でなることがあるらしいのだが、今年は特に酷い。例年は病院に行くほどでもなく10時頃には自然と収まっていたが、今年は会話するにも途中で咳が出てしまう。題目をあげるのも辛いくらいに咳が良く出る。

『我等が頭は妙なり喉は法なり胸は蓮なり胎は華なリ足は経なり此の五尺の身妙法蓮華経の五字なリ』(御義口伝、716ページ)

それで僕は治したい一心でこう祈った。「僕は妙法の当体で、仏なんだ。肺がゼーゼーして苦しんでいる仏なんて存在する訳ない。ありえないんだ。本来の健康な、仏の肺にさせてください。」と、ゲホゲホいいながらかなり真剣に、“胸”(肺)である“蓮”の文字を意識して祈った。

 翌日、症状は更に悪化する。題目をあげる。また翌日、今度はもっと酷く、咳が止まらなくて肩から背中の筋肉が萎縮し、凝り固まってしまい、発作で苦しくて座り込んでしまうくらいだった。もうダメだ、病院行こう。確か、その日は忘れもしない5月1日だった。

病院でレントゲンを撮り、「あ、ここ(を指して)、肺がんかも」と医者に脅され、よってCTまで撮られ、結局は特に肺には異常なし。で、主な原因は、まさかのPM2.5だった。隣の国の関係のないことと思っていたが、まさかそれで関東に住んでいる自分がやられているとは思わなかった。
当然、「煙草吸いますか?」という質問があり、僕は約20年間、一日40本近く吸うヘビー・チェーンスモーカーであること言い、更に(自分で色々調べた結果)、今回の症状を喫煙ゆえの若年性肺気腫であるかもしれないと密かに心配していたんです、と明かすと

「まあ、肺気腫ではありませんし、今回の症状は煙草が直接的な原因ではないけれど、どちみち煙草は体と肺には悪いので辞めた方がいいですよ」という趣旨のことを言われた。

で、薬を処方してもらい、診察料を払い、病院の外に出た瞬間に、前触れもなく突然思った。

“あっ、煙草やめよう”と。

さっき医者に言われたからとか、健康の為とか・・・頑張って「辞めよう」と意図的に決意・決心したのではなく、「やめよう、うん、もう吸うのやーめーた」と自然と無理せず思えたのである。例えるなら、これまで好きで忘れられなかった異性のことを瞬間的に“もう、どうでもよくなる”感じだ。そしてその瞬間から煙草を吸いたいと一切思わなくなった。瞬間的に僕は禁煙に成功したのだ。 “煙草を吸う、吸いたい”という意思・願望があの一瞬のうちに自分の中の概念・執着から綺麗さっぱりなくなったのだ。発作も病院から出された薬でその日のうちに完璧に無くなった。

 僕は20年間、煙草を中心に生活ていたといっても過言ではない。
(仕事や食事や会合など) “何かの後”のコーヒーと煙草のセットは人生におけるささやかな幸福の時間の一つでもあった。煙草が切れれば夜中であろうと雨であろうと買いに行く。「あー、この仕事終ったら一服しよう」とか「電車降りたらどこで煙草吸うかな?」とか、「あー、早く煙草吸いたいな」とか、そんな思考に支配されていた自分だった。酒と煙草のどちらかを辞めなければならないとしたら迷わず酒を選ぶだろう。喫煙者の仲間内からは、僕はどんなことがあっても最後まで禁煙しないだろうと思われていた。

「仏の、本来の肺にさせてください」という祈りが、僕の身体が“害”であるニコチンを欲することを無くし、綺麗な肺に戻るべき方向に向かったのだろう。

 あれから5月、今も当然吸っていない。ひと時も吸いたいと思わなかった。禁断症状も全くない。お酒の場でも全然吸いたいと思わない。普通、禁煙するのは大変で、禁煙治療にはだいぶお金がかかるらしいが、わずか数日間の真剣な題目で、キャリア20年間の喫煙者が禁煙に成功できたのだから、有難い限りだ。

長くなったけれど、僕にとっては決して小さくはない人間革命の一つでした。(あくまで僕個人の事例に過ぎませんのであしからず)
スポンサーサイト

« 卒業 & あけおめ|Top|カラスの雨宿りと白い鳩 »

コメント

素晴らしい体験ありがとうございます!

私は喫煙しませんので、煙草を吸う方の気持ちは分かりませんが、周りの喫煙者を見ていると禁煙することがどれだけ大変なことかは想像できます。
煙草を吸いたいという「欲望に支配された生命」から「欲望を支配できる生命」へと宿命転換、人間革命されたわけですね!!

私も「オレだけは絶対に煙草やめないだろうな」というくらいのニコチン中毒でしたが、数年前に法戦を戦い切ったあと「あ、オレ煙草やめれるかも」という”勘違い”からスタートし、結果禁煙に成功し、それ以来一本も吸っていませんし、吸いたいとも思わない身体になりました。当初は集中力低下に悩まされましたが、煙草を吸わない生活というのは、色んな面でメリットがあり、完全に功徳だと思っておる次第です。

いまは断酒にトライしているところです。

代わりに運動系の趣味を増やそうとしています。

更新お疲れ様です。
私のヘビースモーカーの先輩(男子部)がタバコをきっぱりやめたとき、似たようなことを仰っていました。
「タバコへの執着がなくなった」と。
その後、激太りしてしまいましたが・・・(笑)

はじめまして!
初めてコメントさせていただきます。体験すごいですね。私もいろいろ希望がもてました。ありがとうございました。

私も小学生の頃「父が煙草をやめますように」と祈っていたら、なんと本当にやめたので、祈りはかなうんだ!と思った記憶があります。

皆さん、コメントありがとうございます。

今もしっかり禁煙続行中です。少し食べる様になりましたが。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sgidanshi.blog103.fc2.com/tb.php/205-ac2f1746

Top

HOME

かいつぶり

Author:かいつぶり
職業 マスコミ

趣味 読書、楽器、小説を書く、料理、音楽

好きな食べ物・・・スイーツと酸味の少ないコーヒー、美味しいフランス料理と美味しいワイン。それさえあれば至福の時

好きな音楽 70年代のソウルミュージック。80年代前半の西海岸サウンド。あとジャズや、山下達郎周辺

好きな作家 ドストエフスキー、カポーティ、アーヴィング、ヴォネガット 

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。