それでも生きていく為に・・・

音楽、料理、小説、時々、創価学会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カラスの雨宿りと白い鳩

 雨だから夕方まで家でのんびりしていたんだけど、午前中の早い時間にベランダで“カーカー”と鳴くのが聞こえるので、見てみると物干し竿に結構大きなカラスが二羽、並んでちょこんと止まり、どこか遠くにいる仲間?に何かを知らせる様に鳴いていた。驚いてしまった。カラスがウチに来ることもベランダなんかに図々しくとまっているのも初めて見たからだ。二羽はきっと夫婦だろう。よく見ると可愛らしい。毛並みも綺麗だ。

“すみません、ちょっと雨宿りさせてもらってます”みたいな感じのつぶらな目と視線があう。しばらくして二羽仲良く飛び立って同じ場所に飛んでいった。数時間して雨足がまた激しくなると、さっきの二羽が戻ってきてカーカーと鳴いていた。家は十数階の結構高い場所でベランダの隣の窓の手すりには鳩が数羽よく止まっているんだけど、今日は初めて白い鳩が一匹だけ混じっていることを知った。

白い鳩の少し先にカラスが二羽とまっている・・・なんか不思議な光景だった。

カラスというと、その色からして、迷信で不吉な動物かと思われがちだけれど、調べてみるとそうでもないらしい。天照大神の“遣い”とか、海外では“真実を運んでくる”とか“智慧”や“明日”の象徴とか好意的な動物である様だ。天照大神の“遣い”はどうか知らないけれど、なんか僕の最近祈っていること、求めていること、心の中身みたいだ。

普段だったら自分の家にカラスなんてとまっていたら、不吉で不潔で、あっち行け~、なんだけど、何故か親近感の湧くカラスと平和の象徴の白い鳩のコントラスト・・・で、その後、出かけた先でたまたま“勇気の一歩”を踏み出し(大したことではありませんが)、人生で新たな自分を発見した一日でありました。(恥ずかしくて書けません)

 で、今日の記事の本題や意図は、カラスと白い鳩のツーショットが珍しいとか、その後の自分の体験?とか、では無い。

そう、実は、そのカラス、最初にカーカー鳴いている中で(午前中だった)、いきなり(九官鳥みたいに)『おはよう!』と二回叫んだのだ。一瞬耳を疑ったが、はっきりと二羽のうちの一羽は、綺麗な日本語で『おはよう!』と辺りに轟く様な大声で言ったのだ。嘘ではない。

 カラスって言葉じゃべれるのか?どこかで人間から覚えたのかな?

 とにかく、カラスは人間の言葉をしゃべる、という記事でした。ホントだよ。
スポンサーサイト

« お題目で禁煙成功?|Top|男子部卒業と本部職員 »

コメント

カラスがしゃべれるという話は聞いたことがあります。
しがし、未だに私は見たことがありません。私も実際に見てみたいものです。

すぎやんさん

調べたら、カラスって結構普通にしゃべる様ですね。九官鳥と同じ声帯のしくみの様です。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sgidanshi.blog103.fc2.com/tb.php/204-af344224

Top

HOME

かいつぶり

Author:かいつぶり
職業 マスコミ

趣味 読書、楽器、小説を書く、料理、音楽

好きな食べ物・・・スイーツと酸味の少ないコーヒー、美味しいフランス料理と美味しいワイン。それさえあれば至福の時

好きな音楽 70年代のソウルミュージック。80年代前半の西海岸サウンド。あとジャズや、山下達郎周辺

好きな作家 ドストエフスキー、カポーティ、アーヴィング、ヴォネガット 

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。