それでも生きていく為に・・・

音楽、料理、小説、時々、創価学会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男子部卒業と本部職員


久しぶりの更新です。忙しさのあまり放置気味でした。

さて、「男子部卒業と本部職員」という題名にしたのは、先ほどアクセス解析をしてみたら、最近やけに「本部職員」とか「本部職員 給料」とか「男子部卒業」というキーワードで検索されてここにたどり着いている方が結構いる様なので、今回はそれについてです。

男子部卒業・・・多分、“自分は卒業かな?”と思っている男子部の方はいるでしょう。
地域によって違いますが、基本的にはS47,4.2生まれ~S49年4.1生まれの方(2学年分)が11月に卒業かと思われます。
役職の交代・人事発表は10月中盤より役職によって段階的に行われ、ただそれを以って卒業というわけでもなく(例えば、自分の後任人事が正式に発表になったから俺はもう“壮年部だ”とはなりません)、11.18の週前後で行われるであろう地元男子部の会合を以って卒業になります。会合に出ていない方は11.18前に男子部サイドから“今回卒業になります”と連絡(家庭訪問)があるか、11.18以降に壮年部から“実は、もう壮年部ですよ”と言われます。お疲れ様でした。

それにしてもベビーブーム世代がごっそり抜けて男子部は大丈夫なんだろうか。

あと、本部職員について

過去の記事でも色々書きましたが、本部職員のことそんなに気になりますかね。給料は安い、ある意味一般会員に常に監視され・・・もう出家同然です。そして何より、“社会で実証”とか“頑張って稼ぐぞ”とか“金持ちになる!”とか、そんな目標や目的や夢や自由を放棄するのですから、大変だと思います。
職員の態度や信心や給料のことであれこれ思う方が多いのも事実で、よく“私たちの財務で・・・”と批判する人もいるけれど、財務の8割以上は会館の建設・維持・管理に使われているんですね。
スポンサーサイト

« カラスの雨宿りと白い鳩|Top|”形”にして表す。 »

コメント

忙しいなか更新ありがとうございます!
これからも楽しみにしています。

いつもありがとうございます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sgidanshi.blog103.fc2.com/tb.php/203-b6935556

Top

HOME

かいつぶり

Author:かいつぶり
職業 マスコミ

趣味 読書、楽器、小説を書く、料理、音楽

好きな食べ物・・・スイーツと酸味の少ないコーヒー、美味しいフランス料理と美味しいワイン。それさえあれば至福の時

好きな音楽 70年代のソウルミュージック。80年代前半の西海岸サウンド。あとジャズや、山下達郎周辺

好きな作家 ドストエフスキー、カポーティ、アーヴィング、ヴォネガット 

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。