それでも生きていく為に・・・

音楽、料理、小説、時々、創価学会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

”形”にして表す。

 入信浅いあるメンバーが、先生が常に様々、“物”の激励を会員に贈られることに対して、「何か“物”でつっている様で嫌ですね」と言ったことがあります。彼はまだ先生のことをよく知らないし、色んな見方や感想があるものだなぁ~、と思いました。そこで僕はこんな話をしてみました。

 先生はよくこう仰います。
(良いことにおいて・感謝とか、励ましとかなど)、「心で思ったことは言葉にして表しなさい。でも言葉では不十分の時もあるから、形にして表しなさい」

僕と貴方が共に一軒家に住み、隣同士だとします。貴方は毎朝、自分の玄関前を掃除するのと同時に自然と僕の家の玄関前もついでに掃除してくれています。
僕はその事実を知り、当然、ありがたい、という感謝の想いがあります。普通だったら、ばったり貴方と会った際に「いつも掃除してくれてすみません。ありがとうございます」とお礼を言うでしょう。そして、もっと強い感謝の想いがあれば、お中元・お歳暮までいかなくてもどこかに旅行に行ったらお土産を買ってきて渡すとか、親戚から届いた果物や野菜などがあれば、幾らか持っていくでしょう。これは常識的なことです。

僕はそのメンバーに言いました。「そういうことだよ」と。

先生は会員さんへの感謝の思い、また喜んでもらいたい、元気になってもらいたい、幸せになってもらいたい、その心があるから、毎日の新聞上の指導(言葉)があるし、会合にメッセージ(言葉)を寄せてくれる。更に、頑張っているメンバーや、苦しみながらも闘っているメンバーに書籍やクリアファイルや、(参加者全員への)お菓子の“形”としての物の激励があるのです。その先生の意図を僕は説明すると、彼は納得してくれました。

 夫婦間、親子間、恋人同士だってそうかもしれません。相手に対する感謝の想いや愛はあります。でも“心”だけではダメです。先生もよく仰いますが、時折、“ありがとう”と言葉にして言うべきで、もっと言えば、たまにはプレゼント(形)だってあげるべきでしょう。恋人同士だったら尚更で、どんなに相手を想っていても普段、愛情表現を言葉にも出さず、誕生日プレゼント一つも贈らなかったら、相手は不信になってしまいます。「アタシのこと、好きじゃないのかな?」と。

では、心→言葉→形(物)を弟子側の僕らが先生に対していえばどうなるでしょうか。先生の激励のおかげで、先生の指導のおかげで・・・そういった心があります。だからこそ日々の祈りの中で先生のことも祈ります。これも心です。そして会合や友好活動で先生を語る。メンバーに先生のことを話す。これは“言葉”でしょう。
でも、やっぱり“言葉”では不十分なんです。形にして表さないといけないのです。別に学会本部に何かお届け物をしなければならないということではありません。そう、“形”とは具体的な“結果”です。様々な闘いがありますが、「これだけ語ったけど結果はゼロでした」は“言葉”の範囲でしかありません。その中で、啓蒙できました、ご本尊流布できました、法戦において実際に友人が○○に○○してくれました、これを以って“形”なのです。婦人部が強いのは、特に新聞啓蒙においてどこまでも“形”(数)に執着しているからです。

池田先生はずっと戸田先生に“形”として応える闘いをやってきたのです。
「大作は冗談で言ったことまで実現してくれた」と戸田先生は仰ってます。戸田先生を言葉だけで宣揚してきた訳ではありません。言われたことを目に見える形として実現してきました。

あらゆる闘いの中で、形にして表すことが出来るか出来ないか、これが自身の中の師弟の一つのバロメーターなのかもしれません。僕も反省しています。

 「心で思ったことはなるべく言葉にして表しなさい。でも言葉では不十分の時もあるから、形にして表しなさい」

信心に関係なく、大事なことだと思いませんか?
スポンサーサイト

« 男子部卒業と本部職員|Top|勤行について »

コメント

信心に関係なく、確かにそうですね♪
心こそ大切なれですが、言葉や心で気持ちが伝わらない時もありますね。
でも、物に執着するのも、考えますが、難しいですね。人の心は・・・

リニューアルおめでとうございます

リニューアルおめでとうございます。1、2回コメントさせていただいてから数年ぶりで今日拝見しました。心に思ったことは行動に現れることが多いとおもいますが、心でわかっていても中々言葉に出せない人もいますけど、自分と一緒に気づかせてあげることも大事なことですね。私は気づかさせて頂くほうが多いんですけど(^-^;
時間貧乏で中々これないですがまた寄らさせていただきます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

初めまして、私も都内で部長やってます。
なんか読んでて様々共感出来る部分があってコメしちゃいました。
同じ部長として、部長として勝ったと宣言出来る事に凄いと思います。
その言葉の重み分かりますから。
お互い頑張りましょう!!

お帰りなさい。
必ず、お帰りになることを信じて待っていました。
これからも、記事をお願い致します。
とても参考になります。

お久しぶりです

宿業

人から傷口に塩をぬりこまれる宿業をたちきるのはどんな祈りをすればよいですか?

初めまして!検索したらブログを見つけました!素晴らしい言葉ですね!言葉だけじゃぁ本当に不十分になる事がたくさんあります.....形で表す事が大事ですね!(≧∇≦*)頑張ります!

皆様、コメントありがとうざいます。

まつさんの

>宿業
>人から傷口に塩をぬりこまれる宿業をたちきるのはどんな祈り>をすればよいですか

人から傷口に塩をぬりこまれる宿業、というのが具体的にどういうことなのか分かりませんが、確か、佐渡御書にありますが、どんな祈り方というより、法華経の行者を尊敬し大事にしていきます!という祈りと実践です。同志を大事にしようと心掛けることです。



全部を御本尊さまに祈ろうと腹が決まりました
こんな事を祈っても…と今までは色々な迷いがあったけど
定まりました
全て祈って御本尊さまにゆだねる
策や方法ではなく信力行力で仏力を法力を
必ずまた報告します
ありがとうございました

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sgidanshi.blog103.fc2.com/tb.php/202-9d255c3d

Top

HOME

かいつぶり

Author:かいつぶり
職業 マスコミ

趣味 読書、楽器、小説を書く、料理、音楽

好きな食べ物・・・スイーツと酸味の少ないコーヒー、美味しいフランス料理と美味しいワイン。それさえあれば至福の時

好きな音楽 70年代のソウルミュージック。80年代前半の西海岸サウンド。あとジャズや、山下達郎周辺

好きな作家 ドストエフスキー、カポーティ、アーヴィング、ヴォネガット 

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。