それでも生きていく為に・・・

音楽、料理、小説、時々、創価学会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いじめ、自殺願望、祈り



 昨年も一年間の自殺者が3万人を越えてしまった様である。先日、携帯でこのニュースを見てふと思ったことがあったので書いてみる。

 僕は3歳の時に母を亡くして今だに何も記憶がない。父は自営業だたったが、2人の息子を育てる為に仕事との両立が難しくなり、一家は生活保護、一家心中未遂数回、父による暴力・・・家の屋根の所々がなく雨漏り三昧(笑)、ネズミが家の中で死んで腐乱しても気づかない、トイレは水が流れず、風呂も壊れていた。凄く貧乏だった。 詳しくは『題目は叶う』①
ごくたまに連れて行ってもらえるマクドナルドでもチーズバーガー1つだけ。それでも狂喜乱舞したものだ。風呂は週に一回程度、着ているものも汚く、僕自身性格は暗く、陰気で、勉強が出来ず、スポーツもダメ・・・そんなことだから小学5年の頃にいじめにあった。

僕は5名程のグループに属していた。パソコンが好きで根暗な、休み時間には校庭にも行かず教室の隅にいる様なグループだった。女の子や、活発で明るい同級生にも相手にされない様なグループだった。僕はそのグループの中で皆からいじめられていた。無視、からかい、引きずり回される様な暴力・・・結構壮絶だった。

家には仏壇とご本尊があった。母が学会員だったので(当時は知らない)死んで仏壇とご本尊だけが残った。しかし、学会のこともご本尊が何たるかも知らない。母の記憶もないので母に対して愛着もない。仏壇にも手を合わせない。ご本尊は常に開きっぱなし、ホコリが1センチも積もり、年に数回掃除する時は掃除機で直接仏壇とご本尊を掃除していた。しかし、叔母(母の姉・学会員)の家に夏休みを利用して長い間泊まりに行った時は朝にお経を覚えさせられた。それが何かよく分からなかったが、ふらがなで書いた経本で勤行を覚えてた。
それが信仰というもの、創価学会という事は多分知らなかった。よって自分の家の仏壇と同じものだということすら知らない、母が学会員だなんても知らなかった。
ただ、何かあったら南無妙法蓮華経と唱えなさい、とだけ言われてた様な気がする。

いじめが酷くなると、僕は死にたいと思った。毎日家で父に内緒で泣いていた。そして、気付くと僕はホコリまみれの仏壇向かって、南無妙法蓮華経と唱えていた。仏壇に向かって、記憶のない母親に対して「お母さん、死にたい。辛い、もういじめれれたくない。こんな人生嫌だ!」と嗚咽を漏らしながら必死になって題目を唱えていた。別に毎日長い時間となえていた訳ではない。時折、数分間だけだった。といっても、小学5年生には自殺する勇気も方法も無かった。


ただ、それから次第に同級生の活発なグループのリーダー格から休み時間や放課後に「〇〇ちゃん(僕)、俺達と遊ぼうぜ!」と言われて、彼らの後について遊ぶ様になった。運動の苦手な僕は必死になって彼らの仲間になろうと努めた。僕が当時どれだけ鈍くさいかと言うと、野球で空振りして肩口から出たバットの先にやっと到達したボールが偶然に当たってピッチャーゴロみたいな感じである。

スポーツ好きでクラスでも中心的な人数の多いその明るいグループに属する様になり、僕がいじめられていたグループの友達も僕を相手にしなくなり、いじめがなくなった。そしてクラス代えがなくそのまま小学6年になると勉強とスポーツに頑張り、テストではクラスで一番を争う様になり、それまでカナヅチだった僕は半年で50メートル泳げる様になった。性格も見違える様に明るくなり、たった一年ですっかり色気づいていた(笑)

いつかは覚えていない。誰から聞いたかも覚えていないが、かなり後になって知ったことがある。それは、当時、いじめが酷くて隠れていつも泣いていたのを父は知っていて、父は下校時に学校から出てくる明るいグループの前出のリーダー格を見つけると(僕の家の目の前に学校があった)、何度も「ウチの〇〇(僕)は〇〇達からいじめられているみたいだから、お願いだからウチの〇〇(僕)と遊んであげてくれないか」と頼んでいたらしい。
そんな父のお願いで彼らは決して性格の合うタイプじゃない僕を遊びに誘ってくれ、僕のいたグループから引き離し、自分のグループの一員にしてくれたのだろう。


 23歳で入信して入15年も経つが、今こうして書きながらふと初めて気付いたことがある。いじめにあっていた時に、このままだったら死にたい、いじめなんか嫌だ、とボロボロ泣きながら仏壇の前に座って訳も分からないまま唱えていたあの僅かな題目は叶っていたんじゃないか、と。

そう、僕は知らない間に、(入信10年以上前に) 既に小学5年生の時点で題目で祈りを叶えてしまったのだと思う。人間というのは心の底から絞り出す様に必死になって何かを求めれば与えられるものである、と(外部の)誰かが言っていた。断崖絶壁な状況だからこそ宿命転換が出来る、と先生の奥様が言われたことがある。

 当時は何も知らなかったけれど、小学5年生の時の、純粋で、必死で、しがみつく様な、あの題目の感覚を忘れてはいけないと思う。
スポンサーサイト

Top

HOME

かいつぶり

Author:かいつぶり
職業 マスコミ

趣味 読書、楽器、小説を書く、料理、音楽

好きな食べ物・・・スイーツと酸味の少ないコーヒー、美味しいフランス料理と美味しいワイン。それさえあれば至福の時

好きな音楽 70年代のソウルミュージック。80年代前半の西海岸サウンド。あとジャズや、山下達郎周辺

好きな作家 ドストエフスキー、カポーティ、アーヴィング、ヴォネガット 

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。