それでも生きていく為に・・・

音楽、料理、小説、時々、創価学会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あれは魔だったのか? 果たして


 先日、玄関の靴箱を整理していたらすっかり履かなくなった革靴が見つかった。といっても履いた期間はとても短いながらも思い出深い靴だ。
その靴はポールスミスの黒のローファーで金具がついている。そこそこ値段はしたと思う。仕事以外では余程の事がない限りではプライベートでは履かなかったが、すぐに出番が来てしまった。

当時の事である。夜に題目を上げていたら幹部から電話がかかってきた。電話の内容は、(当時)ある役職で頑張っていることへの激励とこのまま更に頑張って欲しいという内容だった。ただ、別に突然電話で改まって敢えて言う内容でもないし、常に連携を取っているし、ちょっと違和感を感じた。電話の最後の彼は突然こう言った。

「全然関係ないけど、〇〇ちゃん(僕)は先生とお会いしたことある?」

「いや、ないです」
「・・・・・・じゃあ、部員さん含めて皆が先生にお会いできる様な闘いの指揮を今後お願いしますね」
「は、はい」

あらっ? もしかして・・・・・・引き続き題目を上げて、終了してご本尊を閉めた途端にまた同じ幹部からまた電話がかかってきたのだ。

「・・・・・・・という訳で、本部幹部会の出席が決まりました!!」

ええええええっ!!!! マジでぇ~~~~!!! 

気絶しそうになった。心を落ち着かせてから再び半泣き状態で題目を上げたのを覚えている。


 数日後にとうとう買ってまもないそのローファーの出番である。
午前中のそこそこ早い時間だったと思うが、JRの某駅の近くで代表者数名で待ち合わせたていた。僕は近くにある私鉄の駅から歩いてその駅へ向かおうとしていたが、地上に出てから何かが足元でカチャカチャという音がしていたのだ。何だろう? ん? 思わず足元を見て固まってしまった。

そう、買ったばかりのローファーの金具の靴との接着部分の片方がとれて金具がプラプラと揺れている音だったのだ。

うそぉぉぉ~~~~ん。

家出るときにはちゃんとしていたのに~いつの間にぃ~

凍りついた。そして瞬時にあらゆる事が脳裏を掠めた。自分を落ち着かせて頭の中で整理すると、

①こんな靴で先生にはお会いできない。

②でもこんな朝に靴屋は開いてないし、見渡す限り靴屋さえない。

③どうする? 俺

④修理しなければならない。金具をとめなければいけない。 

⑤接着剤? テープ?

という訳で待ち合わせ時間が刻々と迫る中、近くのコンビニに飛び込みある物を買ったのだった。

そう、ガムテープ!!

カチャカチャという音を気にし、周りに気付かれない様にしながら、初めて合うメンバーに挨拶をし、移動。そこからメイン会場に隣接する施設に移動し、その後、時間があったので食事をすることになった。

初めて会いながらも歳が近いせいで意気投合した他地域の同じ役職のメンバー数名で、施設のテラスのテーブルで食事をしていた。お互いの地域の情報交換、自身の信心の歩み等々、とても仲良くなった。

「さてと・・・」

「どうしたんですか?」と僕の行動に目を丸くする。
「いやぁ~、実はね・・・・・」と靴を片方脱ぎ、テーブルに置いてガムテープを取り出した。事の経緯を説明すると皆驚きながらも爆笑していた。
「そうなんだよ~、買ったばかりだぜ。魔かなぁ?」
「そんなことあるんですね」と彼らは笑っていた。

そう言いながらテーブルの上で靴を裏返しにし、ガムテープで裏側から念入りに金具を止めたのだった。

先生とこれからお会いするというのに、俺は一体何をやってるんだ!!(泣)

しばらくしてからその場でぴょんぴょんと跳ねてみる。「どう?」
「完璧です。ちゃんと着いてますし、全く分かりません」

そこにいる全員が先生と初めてお会いするのだが、一人が笑って言った。

「僕、一生忘れないと思いますよ。先生と初めてお会いした時に一緒にいたメンバーの靴がその日にいきなり壊れて、その場でガムテープで補強していたのを」


 結局、あの靴はあの日以来履いていない。新品同然の靴がすぐに壊れるなんて初めての経験だった。あれはだったのだろうか? 果たして。

先日、靴箱から取り出したその懐かしい靴を見て、何か感慨深いものを感じた。命は短かったけど、使命ある靴だったのだ。しかし、肝心な時に壊れるなんて。その部分に関しては僕の信心そのものである。ダメだなぁ~、嗚呼。
スポンサーサイト

Top

HOME

かいつぶり

Author:かいつぶり
職業 マスコミ

趣味 読書、楽器、小説を書く、料理、音楽

好きな食べ物・・・スイーツと酸味の少ないコーヒー、美味しいフランス料理と美味しいワイン。それさえあれば至福の時

好きな音楽 70年代のソウルミュージック。80年代前半の西海岸サウンド。あとジャズや、山下達郎周辺

好きな作家 ドストエフスキー、カポーティ、アーヴィング、ヴォネガット 

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。