それでも生きていく為に・・・

音楽、料理、小説、時々、創価学会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未活動家になる?



 去年の10月頃に記事にしようと思って書いておいたものを今回アップしてみる。
当時、僕は男子部の本部長だった。記事にある様に7月の法戦で悔いの無い、祈った通りの結果を出したにも関らず、燃え尽きてしまい、8月末の友好期間明けも組織に戻らなかった。戻ったのは9月末だった。

*  *  *  *  *

現役職(約2年間)で、特に去年末の法戦~と今年夏の2つの法戦において結果的に我が組織は歴史を作り、大勝利した。しかしプロセスにおいてはそれまで本当に辛くて大変で、何より組織のことで過度に多くの事を背負わなければいけなかった。役職をおりたいと率直に思ったことも2年間で何度もあった。

“こんな所まで僕がやらなくてはいけないのか!”
“僕はここまでやっているのに!”

そんな風に部長陣には叫びたかった。でも、じっと堪え、先生にお応えしたい、皆を勝たせたい・・・と、なるべく笑顔で、楽しく、朗らかに努めたが、部長の一人と衝突してしまったこともあった。しかし、恨んだり憎んだり怒ったりしては駄目だ、と愚痴と文句はご本尊に言った。(お題目をあげた) 幹部にも指導を受けた。僕の心情を理解してくれた。そして7.21を迎え、自身も組織も大勝利した。8月に入るとすぐにそれまでずっと祈ってきた、叶えたかったことが、偶然も重なって奇跡的に叶ったりもした。

「この闘いが終わったら男子部卒業ですね」とそれまで途中途中で散々言われていたのもあったし、結果も出したし、友好期間に入り・・・・もう、燃え尽き、疲れきってしまっていた。

10年前に副部長で組織に戻り、部長~そして現在・・・10年間、走り抜いてきた。
でも、ふと考えてみた。学会活動って何だろう、信心って何だろう、と。ご本尊に祈り、先生の指導を読んだ。とにかく本音でありのままの姿でご本尊にぶつかった。そして、少ししてからコンビニである本をたまたま見つけた。

(以下、引用)


『あなたはもう、十分に努力をしてきました。あなたは相手の期待に応えようと、一生懸命やってきました。あなたは自分の感情を鈍感にしてまでも、努力してきました。

もう、十分です。自分に、そう言ってあげませんか?
背負う必要のない重荷は、肩から下ろしましょう。もう何もかもが面倒くさいとなるほどに、あなたは過剰な責任を自分に押し付けてきたし、感じる必要のない罪悪感で自分を苦しめてきました。でも、もともと、あなたが背負うべきことではありませんでした。あなたが罪悪感抱くべきことでは、なかったのです。

“そうか、私は、もともと必要のない責任で、自分を苦しめてきたのか。罪悪感なんて、いらなかったのか” 
そんな風に自分に言うと、どんな気持ちがしますか?(中略)

“じゃあ、今までの自分の過去は、いったい何だったんだ。何のために、自分は頑張ってきたんだ。何のために苦しんできたんだ” 
そんな気持ちに襲われて、叫びたくなってしまうかもしれません。
もしそのとき、感情が高ぶって涙があふれるとしたら、そのまま、涙が流れるままに声を出して泣いてほしいものです。その涙はそのまま、あなたの心の癒しとなるでしょう。

もしかしたら、そのあと、いっそう動けなくなるかもしれません。もし、そうなるととしたら“そうなる必要があるんだ”と、その状況を受け入れてください。実際に、あなたがその状況から脱皮したいと望むなら、むしろそれこそが、あなたにとって貴重な時間なのです。(中略)ほんとうの自分と向き合うことを、避けて通ることはできません。』


(引用終わり)

混沌としている自分の心情が整理され、軽くなり、多くのことを気づかされてくれた。また、僕は過度な責任を、誰も僕に求めていない責任を、自らに執拗に課していたことを知った。

友好期間が明けても僕は自分と向き合う時間がしばらく必要だった。この時期は人事の件やら組織のことで事務的な動きが忙しいが、組織(幹部)はそんな僕のことを理解してくれ、別な人が代わりに動いてくれた。

その間もお題目を切らさず、約1ヶ月間の”未活動家“を経て、9月の末には何事もなかった様に再び組織にフェードインした。ふらりと久しぶりに会合に行き、「おお、久しぶり、でさ・・・○○君のことだけどさぁ~」みたいな感じである。

*  *  *  *  *

ここまでが下書きで書いていた部分である。
今になってみれば、当時は、闘いきって、あとは男子部を卒業するのを待つだけだから気が抜けてしまったんだと思う。上に書いた様に組織に戻った(去年の)9月末から卒業までの11月中盤までは再び動き、後任にしっかり引き継ぎをし、最後の最後に部員さんがご本尊流布もした。男子部時代に悔いは一切無い。

わがままを言わせて貰った(未活動家の)一ヶ月間は、今にして思えば必要な時間だったのかもしれないし、当然、魔の部分も充分にあっただろう。

久しぶりに更新したけれど、啓蒙的な、示唆的な、結論や着地点のある記事ではないけれど、こんなことを書ける様になったのも壮年部になったからだろう。
スポンサーサイト

卒業 & あけおめ

あけましておめでとうございます。

去年はコメントへの返信や更新が滞り、申し訳ありません。
一応、元気にやっております。

そう、去年の秋に男子部を卒業し、壮年部でぼちぼちやってます。
色々書きたいこともあるので、今年は更新頑張りますよ。

Top

HOME

かいつぶり

Author:かいつぶり
職業 マスコミ

趣味 読書、楽器、小説を書く、料理、音楽

好きな食べ物・・・スイーツと酸味の少ないコーヒー、美味しいフランス料理と美味しいワイン。それさえあれば至福の時

好きな音楽 70年代のソウルミュージック。80年代前半の西海岸サウンド。あとジャズや、山下達郎周辺

好きな作家 ドストエフスキー、カポーティ、アーヴィング、ヴォネガット 

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。