それでも生きていく為に・・・

音楽、料理、小説、時々、創価学会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

”その後”の信心


 こういう観念論的に書くと怒られそうだが・・・僕自身の経験と、僕が見てきた数多くの部員さんの事で言うと、信心で何かを掴む(手に入れる)というのはそれ程難しい事ではなく、それを手放さず持続して自分の生命、生活、環境にしっかりと長い間染み込ませる事の方がよっぽど難しい、のではないか。

恋人が欲しい、就職したい、給料が上がりたい・・・車が欲しい、環境を変えたい、人間関係を改善したい、病気を克服したい云々、“こうしたい”、“こうなりたい”というのはきちんと理に叶った祈りをして、理に叶った行動をすればそれ程難しい事ではない。僕はそれを勝手に“瞬発的握力”と呼ぶ。空中に飛んでいるハエをパッと捕まえる様なものだ。

それに反して“持続的握力”とは、掴んだ物を離さない握力の事だ。就職したり、給料が上がっても会社が潰れる。または思う様に実証を示せない。病気が再発する。恋人に振られる。人間関係を克服してもまた悩む。環境を変えたつもりでもじわじわと後退している。別に信心をしていてもいなくても人生なんてそもそもそんなものだ。

つまり僕らは何かを獲得しても握った拳の指の隙間から少しずつ、まるで砂の様にサラサラと気付かない間に零れ落としてしまっているのだ。


信心における瞬発的握力は確かに確信を生むだろう。しかし、しばらくすると(時として)握っていた拳の中には何も無い事に気づく。やがて不信が生み、組織から離れる。何かを獲得した過去の事実(病気を治したり、就職したり、という確信)さえも過去に起きた幻想の様に感じる。そんな事もあったねぇ~、という風に。

むしろ大事なのは、“初め、ではなく、その後”なのだ。御書にもあるが、『月月日日につより給へ』であり、『今一重・強盛に御志あるべし』なのだ。
婦人部が強いのも家庭という枠組(家族の健康と和楽)をしっかり守っていく、という一念があるからだと思う。


 昔、イーブル・ニーブルという有名なアメリカ人のスタントマンがいた。いささかキチガイじみたチャレンジをして世間をあっと言わせて有名だったが、ある時、オートバイでグランドキャニオンを飛び越える、というチャレンジをしたのだ。
事前に用意した滑走路に全速で駆け上り、グランドキャニオンをぴょ~んと飛び越えちゃうのである。このチャレンジに成功した後の彼の言葉である。

『ジャンプすること自体は別に難しくはありません。難しい部分は、着地をしようとするところから始まります』

非常に哲学的な言葉だ。
大事なのはグランドキャニオンを飛び越えることではない。本当の事を言えば、飛び越える事がある程度出来るからチャレンジするのだろう。問題なのは着地なのだ。着地に失敗すれば大怪我をするか、あるいは死んでしまうだろう。
彼は跳ぶ前から“その後”のことを念頭に置いているのだ。無事に怪我なく成功して、これからも続く新たな“チャレンジ”のことを。

 僕らは何かを達成し、獲得する事だけを目的としていないだろうか? “その後”にそれらを生かして決して手放したりせず、持続して新たな目標の為に走り続ける事が出来るだろうか? パッチワークな信心をしていることもあるのだ。

(信心においても)“飛び越えた!!”と歓喜して、着地に失敗して大怪我をし、二度とチャレンジをする意欲を失ってしまった人がどれだけ多い事か。
ジャンプして奈落の底に落ちることはない。どんなに突拍子もない祈りをしても、祈りが定まった時点で飛び越えることが出来るのは決まっているのだ。あるいは、絶対叶わない祈りなんてない、と同時に、叶わない祈りなんて人間はそもそもしていないのだから。(なんか聖書みたいだな)

 大切なのは、叶った後である。
火の信心と水の信心・・・と言えるが、時として、火の信心によって淀み浅くなってしまったバクテリアだらけの濁った川の水を煮沸消毒するのもいいかもしれないね。但し、水が蒸発して干上がらない程度にね。
スポンサーサイト

30歳の時 体験談①


 
 前回の記事 『青春の終わり』は、今回の話に繋がる為に書いた導入部分だったけれど、長くなりそうだったので単発でアップしてみた。青春の終わりなんて感傷的な話は実の所、どうでもいいのだ。

 以前の外部の恋人が自分が折伏した友人と結婚する事と、それにまつわる彼の言動によって僕は深い深い闇を彷徨う事になる。あれは30歳の時だった。

改めて書くこともないので、興味のある方は詳しくは『恋愛と信仰』①を読んでくれればと思う。
あの時は人間というものが分からなくなった。大げさだけれど死すら考えた程だ。未活動家の地区リーダー、家で題目すら上がらない。本質的な事まで幹部に指導を受ける気にもならない。人によってはどうでもいい様な、些細な馬鹿な話だとしか思わないだろうから。何より厄介なのは、僕は別に彼女に対してもう恋感情はなかったのだから。

とにかく学会本部に通い、仕事をしながら連日の様に題目を上げた。
自分の感情が一体どこに向かっていて、何を意味しているのか? と。病気でもないし、経済苦でもない。具体的にどう解決すべきかも分からない。自分の生い立ちを含めてこれまでかなりヘビーでハードでアンハッピーな部分も経験しているので、余程の事では動じない自信があった。しかし、それにしてもこれは何なんだ! この感情は何なんだ! と打ちのめされていたのだ。

先生の指導を貪り、組織にどっぷり浸かる事はなかったが部長と地区部長と連携を繋がりながら選挙戦を闘いまくった。友人の彼に対する怒りと恨み・・・次第に祈りが変わってきた。
”本当に幸せになるのは僕の方なんだ”
という確信だった。そして彼ら(友人と元カノ)もそれはそれで上手くいって幸せになることを心の底から祈ることが出来た。信心がちゃんと出来ない彼を連れて全国幹部宅に指導を受けにも行った。

学会本部で祈っていくと、何度も遠くにあるご本尊が目の前に迫る位の題目をあげ、涙すら出た。
僕は悟った。 ”(人生はなんだかんだ色々あるけど)ご本尊に題目を上げる為、広める為に生まれてきたんだ。”と。そしてご本尊に題目を上げているその行為だけで、なんて幸せなんだろう、と感じた。友人の彼の言動に振り回され右往左往していたのが“馬鹿らしい”ではなく、僕はこんな状況にとどまっている場合じゃないんだ、と。

信心は、いつまで、何を、どうするか、決めて、祈って、努力する。 である。しかし、いつまで、何を、どうするべきか具体的に分からないのである。心の問題なのだから。僕はこう祈った。

”でも、僕は絶対に幸せになるんだ。どうすべきか分からない。だからもう後は全てご本尊様にお任せします。ここを通過し、全てが意味のあることとして価値に転換し、新しい自分、新しいこの世(信心とは別の)と社会での使命を教えてください”

②へ続く。

30歳の時 体験談②


①からの続き

 確か本部近くか地元の本屋だと思う。本部での題目の帰りにふらりと入った本屋で、心の解れた複雑な糸を解くのに本でも読んでみるか、とふと何気なく思いつきで買ったのが『世界の中心で、愛を叫ぶ』だった。
そもそも僕という人間は小さい頃より音楽人間だった。芸術的快楽というのだろうか、僕は音楽に一切を求めていたし、それで十分だった。それまで読書なんて大嫌いだったし、文学とは対極にいるタイプの人間だった。学生時代の読書感想文は苦手だったし、一応20代は少しだけ思想書みたいのは読んだけれど、自分でお金を出して買ったフィクションの文学作品は生まれて初めてだったといっても過言ではない。

『世界の中心で、愛を叫ぶ』を読んで不覚にも(笑)感動してしまった。同時に僕の感情の不安定さ、あるいは“心のコリ”の様なものに血が通っていく感覚を覚えた。『世界の中心で、愛を叫ぶ』がそうなのではなく、読書という行為と物語の効用によって僕は大分救われたのだ。

 それから内外問わず貪る様に本を読んだ。10冊程読んだ所で思った。
僕も書いてみよう! と。

実話ではない。様々な形状をした心や感情一つ一つに色をあてはめる様にし、それらを言葉に置き換えて、メタファーとして、書いてみたのだ。小説としての文章の書き方も句読点の打ち方も、”でにはを”の使い方も(今も酷い文章だけれど)全く分からずに。自分に起きた事や抱いた想いを率直に表現するのではなく、背景や物語の些細な部分に自分すら気付かない様に忍び込ませながら。そして軽い気持ちで大手出版社の新人文学賞に応募してみた。

 
 次の新しい物語を書き終えた頃(文学賞の結果待ちの間)に偶然にも地区の部員さんの折伏に入って決め、ご本尊送りをした翌日だった。
その日はなんとなくビールが飲みたかった。地元の駅前にあるビール・バーで夜、一人で飲んでいた。一人店でグラスを傾けるタイプの男では(今も)全くない。店で一人で飲むのはその時人生初めてだったし、家で一人で酒を飲む事すら今でもない位である。
しばらくして40代であろう清楚な感じの女性が店に一人でやって来て、二つ隣に座った。僕は全然気にしていなかった。少ししてからである。

「お一人ですか?」と僕に声を掛けてきた。

「は、はい」


仕事は何をされてるんですか? みたいな話から隣の席に移ってきて一緒に飲む事になった。正直、びっくりしてしまった。こんな事は映画やドラマの世界だけの話かと思っていたのだから。
世間話をしているうちに彼女(Aさん・外部)が離婚していて、子供がいて、近くに住んでいて、出版関係のプロの編集者である事が分かった。

「ちょっと趣味で小説書いてるんです」と僕は興味本位で言ってみた。

③へ続く。
 

30歳の時 体験談③


②からの続き。

 一度、是非読ませて欲しい、という事だったので、次に同じバーで会う約束をし、連絡先を交換した。文学賞に送ったものではなく、書き終えてある程度推敲した新しい小説を読んでもらった。

プロの編集者として「とても面白い。もっと推敲していけば絶対売れる!」と評価してくれた。後で聞いた話だと、Aさんは「ちょっと趣味で小説書いてるんです」と言われてもたかが素人の遊び(趣味)程度のレベルかとその時は思ったそうである。そして一ヶ月位後に最初に書いた作品の選考が文芸書に発表された。

えっ? 僕の名前がある!!

2000人近くの中から二桁に選ばれていたのだ。Aさんも驚き、喜んでくれ、それからは様々な現実的なコネクションも含めてアドバイスをしてくれる味方を作ることが出来た。

 自分の人生で、読書が好きになること、ましてや小説を書く、なんて全く想像外だった。生まれて海を見たことのない人間が漁師になる様な心境である。そして文章や小説を書くことを通して新しい自分を発見することが出来たし、新しい使命を発見出来たのだ。
気付いた時には僕は深い闇から抜け出すことが出来た。複雑な感情を言葉に置き換えた事によって僕の中で何かが清算されていったのだ。それからすぐに副部長人事で組織に戻され、部長、現在に至っている。

 30歳の時に学会本部で全てをご本尊に委ね、“どうしていいか、どうすべきなのか一切分からないが、とにかく幸せになる! このトンネルを抜け出すんだ! それ以外の細かい事は全てご本尊にお任せします!”という“南無”する祈りで乗り越える事が出来たのだと思う。
どうしていいか分からない八方塞な時には、身も心も全てをご本尊にお任せするという強い心と、そう決めきる勇気も時として大事な事だと体験する事が出来た。

 さて、実は、今まで公表していなかったけれど僕にもう一つブログがある。書い小説ををアップしているブログ 『Cappuccino Novel’s』 だ。
最後の更新が2005年だし、管理者ページにアクセスするパスワード自体覚えていない位に放置しっぱなしである。どこにも宣伝していないし、そもそもごくごく親しい知人・友人に書いた小説を文学賞に送る前に読んでもらって感想を聞く為だけに始めたものだ。

 そして今回の記事は、前回の『青春の終わり』と続いている。15歳の時の彼女と30歳で再会したあの時はまさに闇を彷徨い始めた頃だった。あの駅での偶然の出会いは、(記事の最後にも書いたけれど)意味があったのだ。

そう、一番初めに書いた小説で最初に文学賞に引っかかった『アメリカン・モーニング』に、事実と全然違うけれど色濃く反映されているのである。
文章も幼稚で、今読むと酷い文章だと笑ってしまう。何故評価されたのか全く分からないが、当時の僕の心境がある種生々しく反映されているのかもしれない。あの偶然の出会いが無ければ生まれていない物語だったと思うし、これからも物語を書き続けるであろう自信と契機を与えてくれた出会いだった。後になったら単に意味があった事と捉える事が出来た、ではない。祈り、動く中で自身に起こる一切の事象を価値に転換出来たのだ。

お時間ある方は是非。

『アメリカン・モーニング』

http://d.hatena.ne.jp/jamming_groovin/20040622

Top

HOME

かいつぶり

Author:かいつぶり
職業 マスコミ

趣味 読書、楽器、小説を書く、料理、音楽

好きな食べ物・・・スイーツと酸味の少ないコーヒー、美味しいフランス料理と美味しいワイン。それさえあれば至福の時

好きな音楽 70年代のソウルミュージック。80年代前半の西海岸サウンド。あとジャズや、山下達郎周辺

好きな作家 ドストエフスキー、カポーティ、アーヴィング、ヴォネガット 

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。