それでも生きていく為に・・・

音楽、料理、小説、時々、創価学会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心の財

 『蔵の財(たから)よりも身の財すぐれたり。身の財よりも心の財第一なり。』

 有名過ぎる御文である。簡単に言って、お金よりも健康、健康よりも心の豊かさが大事である、ということである。学会員だったら「そうだ、その通りだ」と無条件で肯くだろう。

しかし・・・ともう一度考えてみる。
僕らが日常見聞きする体験発表は、蔵の財と身の財についてのものが殆ではないだろうか? 癌が治りました。病気を克服しました。貧乏のどん底から今では立派な拠点を構える位の境涯になりました。云々。
実際に「心の財」のみについての体験がフューチャーされたことはあまりないのではないか。確かにそうである。御文と矛盾するとまで行かなくても・・・僕らは黙り込んでしまう。では、心の財のみについての体験とはどういうものだろう。


 先生が最近海外の新聞に寄稿した記事でこう書いている。

『過去に幸福はありません。・・・・・・』

うん、確かにその通りである。過ぎ去った幸福が現在も自分を幸せにしている訳がない。そして、続きの文章に僕らは驚く。

『未来にも幸福はありません』

「えっ?」と思わず戸惑ってしまう。・・・未来に幸福はない?
僕らは未来の幸福の為にも祈り、動いている。それを目指して。しかし、それは決して確実ではない。そう願いたいけれどね。

つまり『今』が大事なのである。今幸福なのかどうか、現在の自分がどうなのか。そして未来とは現在の連続の結果なのだ。今の幸福とは・・・それこそ『心の財』である。心がどこに定まっているか。心の中心に何があるのか。その一念の大事さを教えてくれているのではないか。
日々祈り、日々学会活動している自分の心の出発点を逐一確認しなければいけない。こなしているだけかもしれない。会合に足を運んでいるだけかもしれない。義務感が虚無感を生み、惰性が堕落を生んでいるかもしれない。

心の財とは・・・悩みや不安や辛い環境、どんな苦しい中にあっても前向きに挑戦し、努力しているその心そのものである。悲観とため息と絶望を吹き飛ばしてなんとか前に踏み出そうと決意し、題目を上げ、行動しているその心自体が心の財である。淡々と行っている学会活動の底辺に先生の為、部員さんの幸福の為、があるのか。その動機を日々見つめなければならない。


学会に入る前に外部の誰かに言われた言葉が印象的だった。

『出発の決意、すでに勝利』

それが数年経って偶然にも仏法の『因果倶時』と同じだったと気付いた。

まずは、題目を唱え九界を整えなくてはいけばい。
ビリヤードを想像して欲しい。白玉(仏界)とその他9子の玉(九界)がバラバラにビリヤード上に乱雑に散らばっている。これが無明であり、迷いであり、消極的な弱い心である。題目を上げると白玉と9個の玉が(白玉を先頭にして)綺麗に整列するのである。だんご10兄弟みたいなものである。そしてその整列した玉の方向がしっかりと師匠に向かっているのか、である。
万物にも十界がある。だから先生はどんなものにも題目を唱える。また、友人のこと、折伏したい誰かのことを祈るのも相手の九界を整える為でもある。整列した十界に迷いはない。決意した通りに真っ直ぐに進んでいける。バラバラだったらあちこちに引っ張られてしまうからだ。題目を唱え、生命(いのち)を整え、決意し、進んでいく。その心こそ大事なのである。


 入信して先輩に教えられて初めて罫線を引いた御書である。

『但偏(ただひとえに)に思い切るべし・・・・・・』(1451頁10行~13行) 

(ただ偏に思い切りやるべきである。この乱世の世の中にあってあなたがこうして生きながらえたのは法華経に出会う為である。今まさに名を上げるか下げるか決戦(勝負)の時である。そもそも人間に生まれることも法華経を信じることも難しいのだ。だから、諸天よ! わが身の入り、助けたまえ! と祈っていくべきである。)


 『青年勝利の年』、そしてこの大不況の中で社会で実証と弟子として先生に結果でお応えする、その大勝負にただ偏に思い切り勇気を持って戦うだけである。
スポンサーサイト

Top

HOME

かいつぶり

Author:かいつぶり
職業 マスコミ

趣味 読書、楽器、小説を書く、料理、音楽

好きな食べ物・・・スイーツと酸味の少ないコーヒー、美味しいフランス料理と美味しいワイン。それさえあれば至福の時

好きな音楽 70年代のソウルミュージック。80年代前半の西海岸サウンド。あとジャズや、山下達郎周辺

好きな作家 ドストエフスキー、カポーティ、アーヴィング、ヴォネガット 

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。